2019年09月17日

親知らずを抜きました その3





抜歯当日の8月9日は、朝まで仕事をしてまして朝6時終わってからは実家の法事に8時までに向かい、終わってからお昼ご飯ということで、阪急梅田駅構内にある有名つけ麺店「京都 麺屋たけ井 阪急梅田店」でラーメンを食べてから抜歯開始時間14時30分までに「小松病院」に着くように向かいました。少し早めに着きまして、しばし待合のところに座って待っていると名前を呼ばれ、処置室に入りました。椅子に座り、少し待っていると担当医が来られまして、まずは再度口の中の画像を撮りました。それを見て担当医は何とかうまく抜くことが出来そうなんで安心してくださいみたいなことを言ってました。それは抜いても後遺症が残るような奥にまでは生えていないという意味ですが。で、再び椅子に戻り、それでは始めますというので、「お願いします」と言いました。さて、いよいよ始まります。まずは顔をビニールシートか何かで覆われました。もちろん口のところは開いていましたが。目も覆われていますので、何も見えません。そしてガチャガチャっと音がして治療に使う道具なんだろうなと音を聞いて分かりました。口を大きく開けて固定され、まずは麻酔からです。それほど痛くはなかったのですが、これから抜かれる親知らずが最後の抵抗をするようにジンジンうずき出したように感じました。担当医は麻酔をする間、大人しくしてたのでよく頑張りましたと言ってましたが、これからの抜歯が終わるまでの戦いのほうがきつかったです。まずは中に埋まっている親知らずを砕く作業をしていたのでしょう。イヤーー麻酔が効いているとはいえやってる間、下から血が噴き出すのではないかというくらいの力を何度も感じましてそして壊した歯片をグイグイ引っこ抜く感覚・・・・。何とか耐えてましたが、終わりころにさすがに耐えられず追加で麻酔をしてもらい、そこであともう少しだからという言葉を信じて耐え抜き、何とか無事親知らずを抜き終えました。この続きはまた。



posted by くいだおれ at 18:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

最近の記事
転職 ハローワーク求人情報
リンク
リンクシステム
Kuidaoreのインフォメーション広場
アフィリエイトで稼ぐ!アクセスアップSEO術
モテる女になる方法
お笑いニュース YouTubeニコニコ日和
医師 転職
ワクワクメール